英語が下手なことは恥ではない

一部をのぞき、フランス人は基本的に英語をあまり話したがらないと言われています。その理由は、「プライドの高いフランス人は他国の言葉(英語)に不快感を持っているから」ではありません。(この理由で英語を話したくないというフランス人は今ではごく少数のようです)。そうではなく、一番の理由は「下手な英語をバカにされたくない」からです。フラットな発音(日本語と似ていて、フランス語はあまり抑揚のない発音をします)のために英語らしい発音ができないことを、恥ずかしいと感じる人が多いようです。

今までフランス人が英語を話している場面に出くわしたことはありますか?フランスでも英語は義務教育となっており、日本に比べ、かなり早い段階から英語の授業が行われています。しかも、フランス語と英語は言語の構成が似ているので、一般論を言えば、平均的な日本人より流暢に英語が話せます。中にはあまりうまくない人も確かにいますが、そこそこ話せていたりするのです。それでも、本人にすればかなり恥ずかしいのだとか。

多くの日本人も英語を話すのが苦手です。それはあまり英語をアウトプット(自分からドンドン話すこと)をしていないのがひとつの原因なのですが、ではなぜアウトプットしないのかと言えば、人前で英語を話すのが恥ずかしいと思う人が多いからです。なぜ恥ずかしいかと言えば、上手な英語を話せない自分を世間にさらけ出したくないという意識があるからです。これはフランス人と同じです。ですが、我々がフランス人に対して思うように、フランス人も、日本人が下手な英語を話そうが話すまいが、そこまで気にすることではないのです。むしろ、どこに行っても英語が下手な人がいるということは皆知っていることなので、下手だからと言って笑われることはありません。

それでも恥ずかしいと感じるのは、人前で恥をかきたくないという根本的な人間の性質もありますが、「何年も学校で英語を習っていたのに話せない」ことに負い目を感じているからかもしれません。その証拠に、義務教育で習わない他の言語(中国語やフランス語)はどんなに下手でも話すことがそれほど怖くなくないですか。

つまりここで言いたいのは、他人からしてみれば、 英語が上手かろうが下手だろうが、そこまで気にしていないのです。気にしているのはむしろ自分だけといっても過言ではないくらい。もちろん誰でもかっこ悪いようには見られたくないですし、どこにでも自分より卓越している人はいるでしょうけど、恥なんて忘れちゃいましょう。どんどん話すことは楽しいですし、また、とても大切なのです。恥を忘れれば、英語はきっとどんどん上達しますよ!

Please follow and like us:

1 Comment

  1. よくわかる気がします!恥を忘れるって大切なんですね、、それに、話そうとするとどうしても文法とかが気になって前に進まなかったりもして、、外国人と接する場面が増えれば慣れてくるかもしれないですね!

Comments are closed.